« 行動 | トップページ | 競歩 »

2017年10月12日 (木)

意味調べ

 多くの先生方は意欲的に学習に取り組ませるためにはという視点で授業を考えていると思います。僕も考えます。それが当たるときもあれば外れるときもあります。外れたときの子どもの様子はリアルです。面白くないオーラを前面に出します。しかし、たまにヒットするときがあります。今日はややヒットでした。

 国語の意味調べの学習です。物語文に入る前に、その物語の中の言葉について調べます。これを、ただ調べなさいといったところで、意欲がわきません。そこで、まず、10問意味テストをすると最初っから伝えました。次に、そのテストで、先生が出しそうだなという言葉を予想させました。そして、ペアですりあわせをして、ペアで調べる言葉を分担しました。全部1人で調べるのは大変だし、相談しながらやった方が効率的だからです。

 いよいよテストです。パワポを使って、問題を1問ずつ提示していきます。問題が提示される度に、「あっ、調べた」「調べてなかった」と一喜一憂。で、10問提示した後、用意スタート。ここからは団体戦です。5年生チーム6年生チームが一致団結して、情報を共有します。調べてなかった言葉は、誰かが率先して調べ、分かったらみんなに教えるような形に勝手になっていました。

 もちろん、友だちから教えてもらったり聞いたりするより、自分で調べた方が腑に落ちるのかもしれません。でもそれって、できる子の理論です。言葉にたくさん触れる、これが第1関門です。言葉の意味が全部埋まったプリントを見ながら、みんな満足そうでした。

|

« 行動 | トップページ | 競歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 行動 | トップページ | 競歩 »