« 求めても | トップページ | また中止 »

2017年10月18日 (水)

複式の授業

 出張でした。管内の複式研修会です。そういえば、自分が複式の授業をしている割に、他の方がされる複式の授業をあまり見る機会がありませんでした。算数の授業でしたが、端から見ていても、複式の先生は大変です。人数が少ないとはいえ、2つのことを同時に教えてるんですから。まあ、僕もそれをしているのですが。

 複式の授業を見ていると、やっぱり気になるのが、先生のいない側です。いない側が何をしているのかです。たいてい課題を与えてから渡っていたので、子どもたちも何らかの作業をしていましたが、何をしてよいのか分からずボーッとしている時間もありました。タイミングよくわたれる方が稀なのかもしれません。

 複式の授業は、わたりとずらしが当たり前のものとされています。しかし、その当たり前が当たり前にできないもどかしさがあります。根本的にその指導法が本当に適切なのか考えてみてもいいような気がしますが。どうなんだろう。

|

« 求めても | トップページ | また中止 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 求めても | トップページ | また中止 »