« 死んだ目 | トップページ | 授業を見せる »

2017年10月29日 (日)

いじめの認知件数

 昨年度の問題行動調査で、いじめの認知件数が前年度比1.4倍の32万件に急増しました。まあ、増えるでしょう。いじめの定義をかなり広く見るようになったから。相手がイヤと感じたら、もうそれはいじめとしてカウントされるからです。このような見方をすることによって、小さな芽を早い段階で摘んでいくという効果はあるでしょう。ただ、今までなら子ども同士が大人が介入することなく解決できていたことも、場合によってはいじめとカウントするのです。それが果たしていいのかどうかはよく分かりませんが、国の方針だからいいのでしょう。

 今年は生徒指導主任ではないのですが、去年は生徒指導主任だったので、毎月いじめの数を報告しなくてはいけませんでした。で、「0」で報告すると、何だか複雑な気分になりました。本当はいいことなんだけど、果たして「0」でいいのかなぁって。

 認知も大事だけど、いじめを起こさせない雰囲気づくりと万が一起きた場合の対応がもっと大事ですけどね。

|

« 死んだ目 | トップページ | 授業を見せる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 死んだ目 | トップページ | 授業を見せる »