« 印紙と証紙 | トップページ | ストレス »

2017年10月 5日 (木)

比例の導入

 比例の勉強の導入はいつもブラックボックスを使います。箱の図を描いて(ただの長方形)、左にXを右にYを書きます。で、Xに木を書き、箱を通すとYで秋になります、と言います。子どもたちはきょとんとしています。間髪入れず、胃を書き、箱を通すと愛になります、と言います。この時点で、「あっ!」という子が。その子に「差」を入れるとと尋ねたら「朝」と。こんな感じで続けていき、箱の中の変化が「+あ」が分かります。こうした問題をいくつか続け、数字に換えます。

 子どもたちはやたら興味を持ったようで、どんどん問題を要求していきます。このパターンで、比例だけではなく一次関数、二次関数の問題もクリアしていきました。2つの数字がどのように関わり合うかをあっさり見抜いていきます。たいしたものです。

 時計を見ると、授業終了5分前。「今日の算数はもう終わりか」とある子が。いつもこのような授業ばかりではなく申し訳ないけど、たまにはいいよね。導入としては合格かな。次の算数からが勝負です。

|

« 印紙と証紙 | トップページ | ストレス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 印紙と証紙 | トップページ | ストレス »