« ビール瓶 | トップページ | 持久走の曲 »

2017年11月15日 (水)

修行

 複式で国語を進めているのですが、たいてい「わたらない」授業で進めています。つまり、教材は違うのだけどほぼ同じ流れで進めています。すると、あまりわたらなくて済むのです。しかし、今の教材は学習内容がまるっきり違う2つです。で、5年生の方の学習が今後の説明文を進めていく上でも重要なので、5年生中心に授業を進めるようにしました。そして6年生はパワーポイントで授業を事前に作っておき、子ども中心に進めていくことに。

 がしかし、問題が。6年生の方が思考がストップしているのです。僕があまり関われないのである程度は予想していましたが、完全に止まっていました。原因は複数のものを求めていたことです。複数のものを求め、それを吟味する形だったので、話がかみ合いません。これはいけないと思い、急遽パワポの内容を変えました。求めるものを1つだけにしました。すると、話がかみ合いました。

 あれもこれもと求めたら、子どもが迷います。僕がつきっきりなら複数求めても対話しながら対応できるかもしれませんが、子ども達だけとなったら無理があります。子どもに任せるなら任せられる質のものにしなくてはいけません。

 毎日修行です。

|

« ビール瓶 | トップページ | 持久走の曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビール瓶 | トップページ | 持久走の曲 »