« 鈍い | トップページ | 蕁麻疹 »

2018年5月 7日 (月)

投げる

 子どもたちのドッジボールをして遊ぶ様子を見ながら気になることが。ボールを上手に投げられないのです。そのためか両手でサッカーのスローインのようにして投げる子が結構います。そこで、ボール投げの特訓を。といっても、ボールがたくさんあるわけじゃありません。で、何かいいモノはないかなって思っていたら、ありました。玉入れの玉が。その玉を使って、体育館で投げまくりました。もちろん、ただ投げただけではなく、投げるポイントを押さえながら。

 投げることが上手くいかないパターンの多くが、投げるという動作の体のバランスが悪いようです。投げる側と同じ側の脚を上げているのがその典型です。それに投げるタイミングがずれていて、地面にたたきつけるような場合もよくあります。こういうのって、投げるという行為そのものの経験不足なんだろうな。

 だから今からどんどん投げればいいのです。今できなくても、明日できるようになればそれでいいのです。それが勉強です。その勉強をさせるために僕たちが居るのです。

 ただ、1つ大きなミスが。玉入れ用の玉って、普通、運動場で使うものです。本当は体育館で使うべきものではありません。というわけで、体育館の床に何となく砂が・・・。ガンバって掃除しようっと。

|

« 鈍い | トップページ | 蕁麻疹 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鈍い | トップページ | 蕁麻疹 »