« コーヒーの日 | トップページ | 自己嫌悪 »

2018年10月 2日 (火)

総合的な学習の扱い

 総合的な学習の年間授業数の4分の1を夏休みや土日にやってもよいということになるそうです。今後、外国語活動の導入で授業時数が増えるための措置だそうです。今、年間70時間だから、16時間程度ということなのでしょうか。文科省の人は、もしかしたら学校のためと思ってそういう提案をしたのかもしれません。しかし、ただ単に休みが減るということなのでしょうか。

 僕は今夏、出張が多く、ほとんど年休を取っていません。おそらくこの提案通りにしたら、夏休みに年休はゼロに近くなるでしょう。何だか最近、何が正しいのかよく分からなくなってきたのですが、学校の先生は休むよりもしっかり働けってことなのでしょう。

 倒れないようにしなきゃ。

|

« コーヒーの日 | トップページ | 自己嫌悪 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コーヒーの日 | トップページ | 自己嫌悪 »