« 1人 | トップページ | 霧 »

2018年10月23日 (火)

人権参観日

 午前中は、先日中止になった陸上記録会が。そして午後からは参観日で、授業が終わったらipad関連の出張。まあ、やることの多い1日でした。

 参観日は人権参観日でした。毎年どこの学校もあるのかなぁ。今回は「ちがい」の授業をしました。8年ぶりの授業です。「あったらよいちがい」と「あってはいけないちがい」について考えます。例えば、日曜日に男の人はゴロゴロしていて、女の人は家事などの仕事をするといった類いのことです。この手の資料はネットで検索すればあります。問題は、これをどう授業に落とし込むかです。で、立場を決めさせて、議論する形にしました。その議論も、子どもの意見を繋ぎながら、問題の本質に迫れるようにはしてみました。ただ、子どもが予想外の意見を連発するので、うまく繋ぎきれないことも多々ありましたが。あらら。

 このあと、高学年児童、保護者、教員で拉致問題に関わるDVDの「めぐみ」を見ました。どうも上(?)からの圧っぽいのがあったようです。確かに拉致問題も人権問題です。ん~でも、人権問題というか、事件です。進行されていた市教委の方が、見終わった後感想を求めましたが、誰も答えることができず。僕も聞かれたら返答に困ります。真剣に考えなくてはいけない問題というのは分かっています。理不尽だし腹立たしい問題です。しかし、小学校の教室で学ぶ人権問題とは、ズレがあるような気もします。僕たちにできることといったら、こういう事件が起こったこと、そしてそのために被害者の家族が想像を絶する悲しみに陥ったことを知ることくらいです。

 それでいいのかなぁ。でも、それ以上も難しいしなぁ。かわいそうですまされない重たすぎる問題だしなぁ。

|

« 1人 | トップページ | 霧 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1人 | トップページ | 霧 »