ニュース

2018年9月13日 (木)

111日間

 朝のニュース番組を見ていたら、愛知県の先生が111日間無断欠勤で懲戒免職になったとのこと。いろいろビックリしたのですが、1番ビックリしたのが、朝のニュースではその方の名前が報じられていたこと。別に容疑者でもないのに。これはどういうことなんだろう。給料泥棒という意味合いなのだろうか。111日間っていうのは、かなりの日数ですが、無断欠勤する人なんて結構いっぱいいるような気がしますが(もちろん、ダメなことですが)。

 この人の行為は、いけない行為ですが、全国に「授業ができなくて、指導改善研修を受けるように言われていて、しかもすごい日数無断欠勤した人」ということが報じられてしまいました。結構酷なことです。

 ただ、111日間もほおっておいたことも問題なような気がしますが。もちろん連絡を取ったり、訪問をしたりしたのでしょうが。もしかしたら病で倒れていたり、最悪死んでいるということも考えられるはずです。もっと必死になって捜索すべきだったような気もしますが。

 ん~、これは、学校の先生が起こしたことだから、こんな取り上げられ方をするのだろうか。学校の先生は叩きやすいからなぁ。

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

先生の指導のせい?

 鹿児島の中学校の3年生が始業式の日に自殺しました。原因はハッキリしていないのですが、直前に担任の先生から職員室で宿題の未提出についての個別の指導を受けたそうです。進路についてのやりとりもあったそうです。で、同僚の先生曰く、自殺した子が涙を流していたとのこと。

 報道されているのは、これくらいです。この情報から推測すると、かなり高い確率で、先生の指導が自殺に繋がっているように思えてしまいます。他にも数人、同じように宿題未提出のために個別指導された生徒がいるようですから、亡くなった子だけが特別というわけでもないようです。

 先生がどんな指導をしたのかは分かりませんが、宿題忘れてくれば、そりゃ指導はするでしょう。「忘れちゃったか、しょうがないねぇ」なぁんて言いません。時と場合にもよりますが、厳しく言うこともあります。この先生が行ったことが、必ずしもいけないとは思えません。

 死んだらいけません。

| | コメント (0)

2018年8月30日 (木)

むなしさ

 レスリングにアメフト、そしてボクシングと、世間を騒がせるスポーツがありましたが、今回の体操もちょっと根が深そう。アスリートファーストって言葉が、むなしく響きます。むなしいといえば、北海道の事件。49歳の夫が23歳の妻を殴り殺したらしいです。しかも、妻のお腹には赤ちゃんがいたそうで。その赤ちゃんも亡くなりました。それにしても、殴り殺すってどうなんだろう。

 自分以外の周りが見えていないのかなぁ。むなしいなぁ。といいつつ、自分が周りを見ているかといえば自信はないけど。

 周りを見よう。見えてない状況は、むなしさが漂うだけです。

| | コメント (0)

2018年8月20日 (月)

買春

 ジャカルタで行われているアジア大会。バスケットボールの選手が買春行為をしたようで。強制帰国になったようなので、該当の4人は、事実を認めたということなのかな。そもそもこれって、犯罪じゃないのかなぁ。

 バスケットボールチームは12人いたようで、うち4人が帰国。連帯責任で出場しないという扱いにはしないようなので、今後は8人で戦うことに。試合に参加できるとはいえ、戦力的にもイメージ的にも厳しい立場に立たされることにはなります。試合に勝っても負けても、すっごく複雑な気分になります。本当に困ったものです。

 こういうときの遠征費は税金が使われるので、国のお金を使って、買春をしたということになります。日本の代表として参加しているのに。情けないなぁ。

| | コメント (0)

2018年8月 4日 (土)

やること

 アメフトとかボクシングとかスポーツ界の闇がニュースを賑わせてくれています。でも、上の人のせいで選手が迷惑やスタッフが迷惑を被るってほとほと困ったものです。

 上の人が目立っちゃダメです。学校の先生にも言えることです。先生が目立っちゃダメ。子どもがヒーローでないと。先生は縁の下でしっかりと支えていればいいのです。会長も理事長も、選手を支えるためのことだけを考えたら、おのずとやるべきことが見えてくるだろうに。

| | コメント (0)

2018年7月10日 (火)

せつない

 暑いです。被災地は大変だろうな。

 明日予定されていた救命救急法が中止になりました。消防士の方々が、被災地に行かれるからだそうです。今回のような広範囲にわたる場合、マンパワーがとにかく必要です。

 今回の大雨で亡くなった人の数がどんどん増えています。

 せつないです。

| | コメント (0)

2018年7月 2日 (月)

トイレの男性

 福岡の小学校でのこと。高学年の女子が休み時間にトイレに行ったら、見知らぬ男性がトイレに潜んでたとのこと。これは怖い!しかし、怖いでは済まない問題がたくさんあります。この学校のセキュリティです。

 このトイレは4Fだったそうですが、校門から4Fのトイレまでノーチェックで入られてしまってはねぇ。とはいえ、勤務校ではどうだろう。一応、授業時間は児童玄関の鍵を閉めています。校舎内に入る場所は、職員玄関しかなく、入るとすぐ職員室があり、しかも、扉を開けるとカランコロンと鈴が鳴ります。だから、たいてい気づきます。

 しかし、この時期、窓はどこも全開です。不審者が入ろうと思えば、入れます。100%防ぐというのは難しいのが現実です。

 それにしても、トイレに潜んでいた男性は何がしたかったのだろう。

| | コメント (0)

2018年6月20日 (水)

18歳の犯罪

 昨日、静岡で小学校4年生が切りつけられた事件。18歳の少年が逮捕されたのですが、その動機が「いじめを受けた腹いせ」だそうです。いつのいじめのことかはわかりませんが、メチャクチャな言い訳です。やられたらやりかえせの論理どころか、ターゲットが全く関係のない弱い立場の人になっています。

 本当は別の動機があったのかもしれませんが、無防備な子どもへの攻撃は許される行為ではありません。でも、18歳だからテレビで名前が報道されることもありません。少年法に守られてしまうのです。

 成人年齢が18歳になることになりました。もう少年法もそれに合わせるべきではないのでしょうか。被害者にとっても加害者にとってもその方がいいように思います。

| | コメント (0)

2018年6月 9日 (土)

異常な事件

 東京の目黒で5歳の女の子が虐待で亡くなった事件。報道が流れる度に悲しさとむなしさ、そして怒りがこみ上げてきます。で、この父が語った動機が「勉強せずに寝ていたから」って。こんな理由で5歳の子が暴行を受けるなら、日本中のほとんどの子が暴行を受けることになります。「はい」と返事をさせたのも、父の圧力のせいなのに。寝ていたのではなく、日常的な虐待のせいで、体力が限界にきていたからなのに。

 子どもは親を選べません。しかし、あまりにも理不尽です。どうも以前にも虐待で逮捕された経験があるようだし、児童相談所も認知していたのに、防げなかったようです。これって、どういうことなのだろう。個人情報の壁?それとも虐待件数が多すぎて、個別の事案を把握し切れてなかったため?いずれにしろ、結局、守ってくれる大人が居なかったということです。

 この父、いや殺人犯は、これから裁判にかけられ、何らかの処罰が下るのでしょう。そして、何年か経てば、また戻ってくるのでしょう。それでいいのかなぁ。別に死刑がどうのこうのというわけではないのですが、女の子と同じ孤独感、無力感、絶望感を覚えさせたいし、そうさせるべきなように思うのですが。

 これは、とてつもなく異常な大事件だと思うから。

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

頭蓋骨

 鹿児島の高校の棚にあった頭蓋骨。これが本物だったそうです。いろいろ突っ込み処満載なのですが、そもそも誰の骨なのでしょう。本来あるべき場所に戻りたいだろうに。

 でも、高校もビックリしたでしょうね。まさかでしょうから。ん?誰が置いたんだろう。もしかして、何らかの事件が背景にあったりして。いずれにしろ、ちゃんと供養しなきゃね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧