ニュース

2017年12月 9日 (土)

中学生の飲酒

 静岡県の中学校でのこと。クラスで合唱祭の打ち上げがあったようで。そこには担任の先生もいたようで。すると、その先生がトイレに行っている間に、生徒がアルコール飲料を注文して、数人が飲酒したようで。飲酒に気付いた先生は別のテーブルにアルコール飲料を移動させたが、処分をせずに目を離している間に、再び生徒が飲酒したそうで。で、学校の先生は減俸の処分が下ったようです。

 勝手な推測ですが、この先生、良い先生のような気がします。だって、生徒の打ち上げに参加してるんだから。まあ、飲酒を止められなかったというのは問題になるのかもしれないけど、何か腑に落ちないなぁ。先生が、お酒を勧めたり、明らかな黙認なら問題なんだろうけど。どう考えても悪いのは、飲酒した生徒だし、中学生にお酒を提供したお店も同罪です。でも、多分、この事実を先生は黙っていたんだろうな。ここで事情を校長先生に伝えていたら、事態はちょっとは違っていただろうに。どうも保護者からの情報提供が発覚元だったようだし。

 中学生が打ち上げすると、年齢的に調子に乗りそうなところもあるだろうしな。多分、この学校では今後一斉の打ち上げ行為が禁止になるんだろうな。禁止って、楽だから。

| | コメント (0)

2017年12月 6日 (水)

勘違い

 日馬富士の暴行問題で一時引退した理由の1つに、娘が学校でいじめられたということが報道されていました。でも、どうも勘違いだったようですが。しかし、学校現場では勘違いでは済まされない事情があります。学校現場はいじめに関しては猛烈にピリピリしています。いじめ防止対策推進法なる法律があるからです。おそらく、その子の行っている学校は、大変なことになっていたでしょう。緊急の職員会は開かれただろうし、子どもたちへの聞き取りやアンケートなども行われたのではないでしょうか。この学校の先生の疲弊しきった様子が目に浮かびます。

 でも、この学校の先生たちは、多分報道に対して怒りを表すことはないでしょう。怒ったところで何も変わりませんから。学校って、かなりおおらかです。文句や苦情を普通に受け止める雰囲気があります。たとえそれが理不尽であっても。

 学校って偉いと思います。

| | コメント (0)

2017年11月11日 (土)

下剤

 愛知県の中学校で、先生が給食を食べた後、体調不良で救急搬送されたそうです。その原因は給食で出された豆乳鍋に生徒が入れた下剤。しかも、この先生は、配膳された量が多かったから手を付ける前に食缶に豆乳鍋を戻したしまいました。おかわりした生徒も体調不良になってしまいました。下剤を入れた生徒はイタズラでやったと言いますが。これって立派な犯罪です。

 1つ気になるのはこの生徒がやった行為をだれも見ていなかったのかということ。万が一、その生徒が下剤を入れているところを見たとしたら、どのような気持ちで給食の時間を過ごしたのだろう。そして、体調不良になってしまった先生の姿を見て何を感じたのだろう。

 それにしても、中学生にもなってやっていいこととやっちゃダメなのことの区別が付かないってどうなんだろう。何らかの事情があったにせよ、一歩間違えれば命に関わる大問題です。猛省しないと。

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

激務?

 最近、さまざまなところで学校の先生の激務が報道されています。学校の先生という仕事をしている立場からすると、まあ、状況がわかってもらえるというのはありがたいです。ただ、校種によって仕事内容もさまざまなので、激務具合も違います。

 小学校は出勤してから子どもが下校するまでは休憩ゼロです。子どもが下校した後、校務分掌や学級事務・教材研究の仕事に取りかかれます。だから、たいてい勤務時間終了が仕事のスタートといった感じです。

 中学校は、小学校と違い、割に空き時間があります。しかし、何といっても部活が占めるウエートが重すぎです。土日出勤は当たり前です。そもそも部活に参加する子どもやその保護者の考え方がまるっきり違います。めっちゃ気合い入れてしたい人もいればレクレーション程度に考えている人もいます。保護者も同様です。だから、ひとまとめにできません。となるとどこかから不平不満が出るに決まっています。それを受け入れるのも学校の先生の仕事です。

 中学校の先生の仕事内容を詳しく知っているわけではないですが、おそらく、小学校より大変だと思います。激務の報道もたいてい中学校だし。小学校は、普通に忙しいという感じなのかなぁ。まあ、人によってかなりの差があるように思います。働く人はめっちゃ働くし、そうでない人は、それなりだし。

 ただ、他の職種も忙しいと思います。別に忙しいのは、学校の先生だけではありません。みんなめっちゃ働いているんだと思います。働いた分が、何らかの形で自分に返ってくればいいんだろうけど。学校の先生の場合、給料面というよりも、子どものがんばりを実感できるといった見えない面の方が大きいからなぁ。それって、家族には還元できないからなぁ。

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

いじめの認知件数

 昨年度の問題行動調査で、いじめの認知件数が前年度比1.4倍の32万件に急増しました。まあ、増えるでしょう。いじめの定義をかなり広く見るようになったから。相手がイヤと感じたら、もうそれはいじめとしてカウントされるからです。このような見方をすることによって、小さな芽を早い段階で摘んでいくという効果はあるでしょう。ただ、今までなら子ども同士が大人が介入することなく解決できていたことも、場合によってはいじめとカウントするのです。それが果たしていいのかどうかはよく分かりませんが、国の方針だからいいのでしょう。

 今年は生徒指導主任ではないのですが、去年は生徒指導主任だったので、毎月いじめの数を報告しなくてはいけませんでした。で、「0」で報告すると、何だか複雑な気分になりました。本当はいいことなんだけど、果たして「0」でいいのかなぁって。

 認知も大事だけど、いじめを起こさせない雰囲気づくりと万が一起きた場合の対応がもっと大事ですけどね。

| | コメント (0)

2017年10月16日 (月)

叱責

 福井県の中学校で今年3月、2年の男子生徒が転落して死亡する事故があり、町教委は、「宿題をしないことなどについて担任と副担任から繰り返し強い叱責を受け、追い詰められた末の自殺」と結論づける報告書を公表したようです。報告書は「管理職や他の教員も適切に対応しなかった。学校の対応に問題があった」と指摘したようです。

 追い詰められるくらいの叱責だから、尋常ないほどだったのでしょう。そもそもこの学校、全校生徒が40人くらいの小さな学校です。小さな学校って、今の僕の勤務校もですが、クラス単位ではなく、学校単位で物事を捉えます。担任の先生はいるけど、全職員が担任のような感じです。そんな環境なら、めっちゃ叱責する先生に違和感を覚えなかったのでしょうか。やりすぎじゃないかって。

 叱るって難しいのです。ここぞというときに叱らないと効きません。いつも叱ってばかりだと、その叱りが慣れになります。その慣れは、あきらめを生み、逃げ場を奪います。完璧な人間なんていないんだから。

 この先生には、ゆとりがなかったのかなぁ。

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

トランプさん

 トランプさんの国連での演説。彼自身はご満悦だし、彼らしい毒の吐き方、しかも大幅な時間オーバー。賛否満載の演説です。がしかし、彼が横田めぐみさんのことに触れたのは、ちょっと意外でした。

 彼がどういう意図で、北朝鮮の拉致の話題を出したのかは分かりません。ただ、トランプさんが、一瞬だけカッコよく見えました。

| | コメント (0)

2017年8月31日 (木)

出張中にデリヘル

 天理市の並河健市長が公務で東京都に出張中、宿泊先のホテルでデリバリーヘルスを利用していたそうです。本人は深く反省しているそうですが。

 2月と6月の上京時に利用したそうです。まあ、東京に行くと決まっていたときから、夜はデリヘルって決めていたのでしょう。1度経験した6月の方は確実でしょう。市長だからといって、デリヘルがダメということではないので、違法ではないのでしょうが、出張のときってねぇ。何だか、仕事がメインで東京に行ったのか、デリヘルメインで東京に行ったのか微妙な感じです。デリヘルメインなら、交通費を返さなきゃ。税金だし。

 で、天理市の市長選挙が来月1日にあります。並河市長は、出馬する気満々のようです。有権者がどう判断するのだろう。街頭演説で厳しいヤジが飛びそうな気もしますがね。

| | コメント (0)

2017年8月23日 (水)

スクール・サポート・スタッフ

 教員の長時間労働を改善するため、文部科学省は教員の事務作業を代行する「スクール・サポート・スタッフ」を全国の公立小中学校に配置する新制度の導入を決めたそうです。で、このスタッフの仕事は、プリントの印刷やテストの採点補助などらしいです。

 まあ、どうにかしないといけないというお気持ちはとってもよく分かります。ありがたいことです。がしかし、スタッフとの打ち合わせも取れない状況で、どのようにことを進めていくのでしょうか。こういう雑務は結局自分でやった方が速いことの方が多いし、自分のやり方というものがあるので、せっかくのスタッフを生かせないような気がするなあ。

 もう一歩踏み込んで、常勤の先生を増やせないのだろうか。1名でいいです。それでずいぶん楽になります。出張にも快く行けます。もしかしたら空き時間も生まれます。今の先生足りないのは、ゆとりなので。

| | コメント (2)

2017年8月22日 (火)

夏休みの親

 北海道で酒の瓶で息子の頭を殴った疑いで父親が逮捕されました。殴った理由が夏休みの宿題をやっていなかったこと。このニュースを用いて、宿題をしない子どもに「ねぇねぇ、アンタも殴られないようにしないといけないよ」って、ニヤニヤしながら軽いジャブを放つ親もいるんじゃないでしょうか。殴ることは絶対にダメだけど、夏休みが終盤に近づいてきて、親と子の宿題に関わる駆け引きは、子を持つ家庭なら大なり小なりあるんではないでしょうか。

 まあ、自分から進んできちんとやれる子にとっては、何の問題もないのでしょうが、夏休みというダラ~ッとした雰囲気が似合う期間にその自主性が発揮できる子って、どれくらいいるのだろう。ある程度、親からの声かけや叱咤が必要でしょう。でないと、子どもは動きません。それに先生に対しても思うでしょうね、何でこんなに宿題を出すの!って。イヤイヤむしろ少ない方ですよ。

 夏休みって、親が試される期間なんでしょうね。僕は先生と親と両方の立場で居るので、ちょっぴり複雑です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧