旅行・地域

2010年12月27日 (月)

関西へ

 ここ3日、関西方面にいました。
 その1 明石焼き
 妹夫妻のエスコートで明石で明石焼きを食べました。目的の店に行くまでに商店街を通ります。大半が魚屋さんです。実に良い雰囲気です。この商店街なら暫くブラブラできそうです。商店街を抜けたところに目的の店が。明石焼きを食べるなんて、もう10年以上ぶりです。ふわふわ感がたまらなく良いです。でも変化がないので、たくさんの量は食べられません。妹曰く、「生ビールみたいでしょ」と。確かに、最初の一口めが猛烈に感動的ではあります。

 その2 有馬記念
 阪神競馬場へ。12月は阪神競馬場で馬が走っています。まあ、目的は有馬記念の馬券を買うためです。有馬記念当日に行ったので、すごい人です。実際に行われる中山競馬場はもっとすごい人なのでしょう。大きなレースを買うときはJRAのCMの中からヒントを探します。有馬記念のCMで佐藤浩市さんの横に映っていたゼッケンが7番でした。つまりブエナビスタの番号です。そして大泉洋さんが外国人に変わります。ブエナビスタに乗るジョッキーは外国人です。だからブエナビスタは鉄板だと勝手に思っていました。しかし、ブエナビスタはものすごい追い上げも2cm差で2着。しかも1.2.3着すべて外国人ジョッキーでした。外国人ジョッキーばっかり買えば良かったのに。まあ、いつも当たらないので何の問題もないのですが。

 その3 中華街
 神戸の中華街へ。やたらと行列のできている肉まん屋さんがあります。1個90円です。かなり小ぶりです。でも、ものすごい濃い味です。ビールを飲みながら食べたら最高だと思いつつ、寒さに凍えていました。この3日、寒すぎでした。冬休みって感じです。

| | コメント (2)

2010年10月11日 (月)

所用のついで(その1)

 所用で3連休は関西方面にいました。所用ついでに京橋花月へ。大阪の笑いといえばNGKですが、NGKは高いです。確かに値段相応に内容は充実していますが、笑いというものは、高級感のあるものではなく、親しみやすさが必要です。というわけでもないのですが、京橋花月の方を選択しました。

 京橋花月は主にベテランの部、新喜劇の部、若手の部の3部に分かれています。NGKなら全部を見ることができますが、京橋花月はこの中からチョイスです。今回は若手の部へ。そこそこテレビで見たことのある人たちが登場してきます。浅越ゴエさんのしっくりこないニュースは下の娘にも強烈にウケていました。トリは若手というのは失礼なほどの立場にいるメッセンジャー。さすがにうまいし面白い。格の違いを感じました。

 チケットをとるのが2日前だったので、後ろから2番目の席だったのですが、会場の作りのせいかよく見えました。何だか会場全体が一体感があって、充実した90分間でした。笑うのはよいことです。

| | コメント (0)

2010年4月25日 (日)

ハート

 長崎へ。プチ旅行です。なぜ、プチ旅行をすることになったかというと、4日前の水曜日頃の家族の会話からです。「週末天気良さそうだねぇ」「どこかお出かけする?」「わぁ~い、行こう、行こう」ということで。全くの無計画旅行です。あまり深く物事を考えずに、どんどん「週末お出かけ実践」が進行していきます。こういうのっておもしろいです。

 長崎でたくさんのハートに出会いました。Hato1 Hato2 Hato3 Hato4

  ハートって英語でいうと『Heart』、つまり『心』です。それにしてもハートという形は実に上手くできています。上の方は包みこむようなやさしい丸みが。そして、下の方は鋭くとがった角が。まさに人の『心』を表しているかのようです。

 この2つの使い方が問題です。本来は包みこむやさしい面は他人に対して、鋭い面は自分に対して向けなければなりません。でも、多くの場合、逆に使います。人に厳しく、自分にやさしくといったところでしょうか。ダメですよね、これでは。

 長崎ということで、平和公園にも足を運びました。ここに来ると、ハートの使い方の重みをひしひしと感じました。正しくハートが使えないと。

| | コメント (0)

2010年1月 6日 (水)

三都物語(その2)

 京都へ。阪急電車で河原町まで行きました。そこからテクテク歩いて、清水寺へ。あの『清水の舞台から飛びおりる』のことわざでも有名なところに行きました。Kiyomizu

 舞台の高さは13mだそうです。下を見ると結構な高さ。高いところが苦手なので、思わず目を瞑ってしまいました。「清水の舞台から飛びおりたつもりで・・・」と言われますが、飛びおりたらまずいです。

 と思っていたのですが、ある調査によると、江戸時代にこの舞台から飛びおりた事件が 234件もあったそうです。「命をかけて飛び降りれば願いごとがかなう」という庶民の信仰があったようですが、ビックリな話です。それに13mの高さなのですが、85%の人は生きていたという調査結果もあるそうです。まあ、願い事が本当にかなったかどうか定かではありませんが。

 でも本当は、願いごとは自分の努力で叶えないといけません。何かにすがっても頼ってもダメです。

 とはいえ、清水寺で賽銭箱に10円入れて、たくさん願いごとをしてしまいましたが・・・。あらら。

| | コメント (0)

三都物語(その1)

 ここ3日、関西方面にいました。あの『福知山線』に初めて乗りました。あの脱線事故から4月で5年になります。尼崎駅を過ぎると何となく緊張感が。そして、あのカーブ、あのマンション。5年前に何度も何度もメディアが伝えた場所を通過しました。

 この場所で5年前、100人を超える方が亡くなりました。電車がここを通るスピードがやけにスローに感じました。

 線路の上を走る電車です。たくさんの車が行き交う道路とは、高い空の上を飛ぶ飛行機とは、安全具合が違います。普通、『安全』が当たり前のものとして乗ります。そこで起きた事故(事件)です。信じられないことです。

 しかし、5年経っても、マンションは傷跡を残したままそびえたっています。胸がキュンとしました。

| | コメント (0)

2009年10月11日 (日)

無計画なプチ旅行

 3連休です。以前から3連休はどこかへ行こうかという話を家族でしてはいたものの、結局行動に移さず。で、前日にようやく重い腰を上げて、インターネットで場所探し。しかし、当然の如く、どこも空いていません。空いてはいても、超高級なものばかり。これではお決まりのグータラパターンになってしまいます。そこで考えたのがビジネスホテル。ここなら開いているのではないかということで、当日の朝、電話で直接交渉。4人家族で2部屋ゲット。すぐさま行動に。子どもたちは朝起きた瞬間、出かける情報が流れ、狂喜乱舞。ダッシュで準備して出発。

 車で3時間半、きれいな花がたくさん咲いているところへ行きました。そこで自転車に乗ってサイクリングをしたり、カヌーに乗ったり、アスレチックをしたり、グランドゴルフをしたり。楽しい時間を過ごしました。みんな大フィーバーです。こういうことは子どもが小学生のうちしかできません。もう少し大きくなって、中学生ぐらいになったら、娘たちにお願いしてもついてきてくれないかもしれませんしね。

 しかし、このプチ旅行の最大の問題点が、夕食です。全然知らない土地に来ているし、しかも泊まるところが食事のないビジネスホテルです。とりあえず本屋さんで情報をゲットすることに。しかし、思うように都合のよい情報が手に入りません。ということで、ホテルの近くにあった焼き肉屋さんに。まあ、家族で焼き肉屋さんなんて行ったこともないので、それなりによい経験になるかなって思っていきました。すると、予想外にヒット。しかも10%引きのカードを手に入れていたので、さらにヒットしました。美味しいお肉と生ビールと、そして家族の笑顔が最高に良かったです。

 こういう無計画な旅行は大好きです。無駄なことも多いのだけれども、うまくいったときの快感はたまりません。それにしても、娘たちの喜んでいる顔を見ると、行って良かったなぁとひしひしと感じます。

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

懐かしい場所

 ローカル番組のメール大賞で頂いたホテルの宿泊券があったので、ちょっとした旅行計画を実行しました。ホテルの予約も当日予約。宿泊券の強みです。以前住んでいた場所の近くの公園へ。車で2時間くらいかかります。えらく遠くに住んでいたものです。今の場所に住み始めて5年になるので、当時は上の娘が3歳、下の娘は1歳でした。そこには大きな滑り台があって、上の娘が怖々すべっていました。いつも親が1番上のところまで連れ添っていっていました。下の娘は小さな滑り台で転がるようにすべっていました。

 公園に到着。懐かしい場所です。雰囲気は何も変わっていません。ところが、久々に見た大きな滑り台がずいぶん小さく見えました。あのころはそびえ立つように大きく感じた滑り台なのに。

 2人の娘は上まで一気に駆け上がり、大笑いしながら滑り降りてきます。あのころの2人と全然違います。親が付き添わなくても、娘たちだけであちこち駆け回っています。あれから5年かぁ。成長したものです。

| | コメント (0)

2008年12月30日 (火)

露天風呂

 温泉街へ。せっかく来たので、手軽に入れそうなところを見つけて温泉にでもつかろうと思い、ウロウロと。500円で入れる手軽なところを見つけたので、早速入りました。家族風呂は大盛況だったようですが、普通に一般客が入るお風呂は、だぁ~れもいません。完全に1人貸し切り状態です。うれしいのやらさみしいのやら。

 しかし、そこは露天風呂。めっちゃ寒いのです。シャンプーなんてしようものなら間違いなく風邪を引きそうだったので、速攻でお風呂の中へ。最高に気持ちが良いです。だけど、半身浴のように肌の露出が多くなればなるほど寒さが身にしみます。だから極力肌を露出しないようなお風呂の入り方を考えました。そこで考え出したのが平泳ぎの顔だけ出しているような入り方。かなり妙な格好ですが、首から上以外がうまくお湯の中に入るので、いい感じなのです。まあ、これは確実に1人しかここにいないからできる格好です。新たなお客が入ってきて、この格好を見たら、多分、目をそらすでしょう。

 しっかり体が温まったと思って、お風呂から出たら、ほんの2秒で寒くなりました。そりゃ寒いはずです。もう明日は大晦日です。

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

早足

 ここ3日、大阪にいました。とにかくみんな早足です。梅田の地下街は特にそう。そして一応、左側通行のルールになっているのもおもしろいです。みんながバラバラに行きたいように行っていては早足はできません。合理的です。しかし、みんな早足なので、右側に行きたい場所があっても横切れないのです。横切るスペースがないのです。変に止まって、スペースを探そうにも、後ろから早足に来ている人に迷惑です。うまくタイミングを計って横切らないといけません。ちょっとしたゲームです。

 でも、今日は土曜日のせいか、年末のせいか、何だか少しゆったりとしていました。忙しい街が普段とは一変し、ゆったりと流れると、何とも言えない心地良い感じでした。

| | コメント (0)

2008年11月 2日 (日)

バルーンフェスタ

Kikyuu1_4  バルーンフェスタに行ってきました。多分、10年ぶりです。至るところに浮かんでいる気球の作り出す景色は圧巻です。手が届きそうなほど近くで飛ぶ気球も。炎の熱さを感じるほどでした。

Kikyuu2_3  気球はハンドルがなく、上下の移動以外は基本的には風任せだそうです。でも、ただ揺られているわけではなく、その時々の気象データや他の気球の動き、そして長年経験してきた勘を頼りに方向を考えるそうです。実に頭を使う競技です。

 秋の空を彩る気球にエネルギーをたくさんもらいました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧