日記・コラム・つぶやき

2017年6月26日 (月)

1/2成人式考

 今日の朝日新聞に「2分の1成人式」のことが記載されていました。以前からネットでも取り上げられていましたが、良い意味ではありません。本当に必要な式なのかという点で、です。まあ、感動の強制とか、複雑な家庭環境の子たちへの配慮不足とか、そんな類いの問題点の指摘です。これは10歳のときにするので、たいてい4年生で行っているようです。僕は過去に2度4年生を持ちましたが、僕はやっていないです。というか、僕が4年生を持っていたときは、そんなにメジャーなモノではありませんでした。でも、今ではやることが当たり前になりつつあります。前任校でも4年生はしてましたし、現勤務校でもしています。

 自分自身が企画運営したことがないので、机上の空論になりますが、結局のところ、何を目的にしてやるのかが明確であればいいんじゃないですかね。何となく例年やっているからやるでは、あまり価値が見出せないかもしれません。もちろん、その式をやることによって、子どもにプラスの作用が働くことが絶対条件です。親を感動させればいいといった安易なショーになると、それは学校(教師)の自己満足で終わってしまいます。

 とはいえ、僕だったらどうするだろう。多分、ここ最近、当たり前のようにやっているので、4年生の担任になれば、普通に開催するのでしょう。まあ、「やめませんか?」という理由もないですからね。ただ、やる目的はハッキリさせます。だから、「式」という名ですが、普通に授業をするかもしれません。大事なことは、その式が終わった後に、子どもに得るものがあるかどうかですからね。

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

ジムデビュー

 雨が降っているため走れそうにありません。しかも明日は免許更新講習があります。つまり走れません。となると週末ゼロRUNになってしまいます。これは大問題です。ということで、市の体育館へ。ここにはジムがあります。210円でその施設が自由に使えます。

 見たことはあったのですが初めて入りました。数人居ましたが、みなさん20代以下のような感じです。40代のおじさんは僕だけです。まあ気にしない気にしない。ベンチプレスなどなどジムによくある器具がかなりたくさんあります。僕はそんなの無視してランニングマシンへ。1回の限度が30分と注意書きがされていたので、30分RUNを。最初は時速12kmで設定していたのですが、ちょっとだけ調子に乗って14kmに。ものすごく疲れました。異様に汗をかきました。途中で何度もやめようかと思ったのですが、負けてしまう弱さがイヤだったのでがむしゃらに走りました。こんな事に熱を入れる自分っていったい・・・。

 30分走り終わって、休憩がてらに自転車を15分。その後、もう一度ランニングマシンへ。今度は12kmの20分RUNを。またもや汗が噴き出ました。それにしても心地良かったです。

 これでスッキリしました。仕事もがんばれそうです。

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

交流授業

 小さい学校同士が一堂に介して合同に授業をする交流授業がありました。今までは三校での交流だったのですが、今年度から新たに一校加わり四校で。どの学校も規模が小さいのですが、四校集まれば、そこそこの人数になります。高学年は5年生が17人、そして6年生は20人を超えました。まあ、一般的なクラスから考えると普通かむしろ少ない人数ですが、小さい学校の子たちからすると、驚きの数です。

 ただ、そもそも20人オーバーを考えた教室に作りになっていないので、教室内は結構な人口密度です。そんな中で普通に授業をします。普段は複式が当たり前の子たちが、単式で、そこそこの人数の中授業をするので、とっても新鮮だったでしょう。授業をする僕たちも新鮮でした。

 この企画は年に2回しかないのですが、必要な企画です。この四校の子たちは、全て同じ中学に行きます。中学校では、もう一校、規模の大きい学校が合流します。人数の波に潰されてはダメですからね。今のうちに予行練習をしておかなきゃ。

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

裁縫の時間

 5年生の家庭科で初めて裁縫に取り組みます。こういうとき、複式のメリットを感じます。6年生が5年生に教えるのです。とはいえ、6年生もそんなにデキがいいわけではありません。それは承知の上です。でも、6年生は裁縫の達人だからって煽りまくります。まず、5年生には、僕の前に集めて、やり方の模範を見せます。6年生には、5年生に教えることができるようにって、個別に練習させます。でも、6年生にも、ちょっぴり自信のない子は先生の所においでと言って、5年生と一緒に見させます。その後、どの子を誰が指導するかって、担当を決めて縫い方を互いにマスターしていきます。

 一通り玉結び、玉留めの理解ができたら、なみ縫いです。6年生が5年生の指導ばかりしていたらつまらないので、家庭科室にあったフェルトの切れ端を6年生に提供します。そして、自由に小物入れを作っていように促します。ただし、3分ごとにタイマーを鳴らします。3分経ったら、5年生のできをチェックするようにします。そして、先生に報告という流れを作ります。このチェックタイムは、互いの刺激を得る重要な時間です。

 あっという間に2時間が過ぎました。子どもたちは楽しそうでした。

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

 梅雨入りしたのに雨降らずの日々が続いていましたが、久々の雨です。しかも結構な量降っています。農作物にとっては恵みの雨でしょう。ラジオからは森高千里さんの「雨」が流れていました。

 勤務校のプールは古いせいもあって、水が抜けます。だいたい1日で6cmくらい減っています。土日を挟むと結構な量減っているので、水を足す必要があります。でも、雨が降れば、多少は水が減らずに済むのかな。

 ただ、ここ最近の雨は容赦なく降ります。遠慮気味の雨を期待します。

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

振り返り

 宿泊学習明けなので、宿泊学習の振り返りをする必要があります。まあ、オーソドックスのところで新聞作りでしょうか。という作戦も考えたのですが、今回はCMを作ることに。次に宿泊学習に行く学年の参考になるものをということで進めました。

 CMなのでコンパクトに1人30秒で。あまりダラダラとやっても仕方ないので、1人1ネタで。ただし、主観が強すぎると一般性が欠けるので、クラス全員にインタビューをして、原稿をまとめることに。全員にアンケートをするので、そのアンケートに答える必要があります。1人1ネタなのですが、結局、クラスの人数12分振り返ることになります。これは別にそれを狙っていたわけではありません。たまたまです。

 まあ、いろいろなパターンで活動を仕組まないと、飽きちゃいますからね。

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

日中RUN

 やることがたんまりあるのですが、走れるときに走っておかないとと思い、日中RUNを。風が心地良くていいんですが、日差しが痛いです。16km走ったのですが、残り3kmあたりから、暑さでダウン。やっぱり暑いときに走ってはいけません。

 来週の土日も所用があるので、走れても少しだけです。走るとエネルギーが蓄えられるし、気分転換になるし、何より新たなアイデアが生まれるので必要なのですが、走ることで体調を崩しては元も子もありません。

 まあ、できる範囲で。

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

免許更新

 昨日宿泊学習だったので、多少疲れが残っているのですが、そんなことは言ってられません。今日は免許更新の講習があります。1時間かけて大学へ。6時間の講義を受けます。たまたまなのか、全てがそうなのか分かりませんが、講義が結構おもしろかったです。だから、6時間の講義が苦ではなかったです。

 講義の後は試験です。試験という響きは、教員採用試験以来22年ぶりです。ちょっぴり緊張しました。まあ、講義の資料を見ながらやっても良いということなので、頭を悩ませることはなかったのですが、時間内にできるか、ドキドキしながらでした。

 ちなみに来週もあります。来月はさらに2つあります。勉強、勉強。

| | コメント (0)

宿泊学習

 昨日まで宿泊学習でした。小さな学校なので、同じような小さな学校同士が合同で2校での参加。単独開催とは違う難しさもあれば、2校開催だからこそできることもあり、ある意味新鮮な学習でした。

 5.6年の担任が多いせいか、宿泊学習や修学旅行など泊を伴う活動を毎年のように経験しています。そこで、普段の学校生活では見られない新たな1面をたくさん見ることができます。ある意味、素の顔です。思いの外、結構きちんとしているのです。褒めることの方が多くなります。

 しかし、さすがに疲れました。

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

わいせつ

 ネットのニュースを見ていると毎日のように教員のわいせつ事案が取り上げられています。学校の先生は変態なのか?と思われてしまいそうですが、わいせつ事案の割合としてみれば、学校の先生が突出してというわけでもないようです。ただ、学校の先生という立場の人が、事件を起こすと大きく取り上げられてしまいます。これは仕方のないことです。だって、学校の先生なんだもん。

 学校の先生が事件を起こすとストレスが溜まっているからといった方向で結びつけられます。がしかし、ストレスが溜まっているのは学校の先生だけではありません。どの職種の方もそれなりに悩みや辛さを抱えながらがんばっているのです。ストレスなんてただの言い訳です。人間としてのモラルの問題です。

 学校の先生はお手本でなきゃ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧