経済・政治・国際

2018年9月20日 (木)

石破さん善戦

 総裁選は予定通り(?)、安倍さんが三選を果たしました。でも、石破さんが200票取ればと言われていましたが、蓋を開けると254票。大善戦です。何と言っても地方票で安倍さん224に対して、石破さん181。なかなかの接戦です。がしかし、国会議員票が安倍さん329の石破さん73。むしろこの差の方が気になります。地方票の方が、一般国民の感覚に近いのでしょう。となると、国会議員票の差は現実離れしているのかな。

 国会議員的には安倍さんに入れておいた方が、何かと都合が良いんでしょうね。まあ、そんな議員を選んだのは国民ですが。

 これで特に何事もなければ、安倍さんは2021年まで総理総裁を続けることになります。日本はどの方向へ進んでいくのだろうか。

| | コメント (0)

2018年4月18日 (水)

安っぽい

 新潟県知事に財務次官と相次いで辞任を表明しました。援交疑惑にセクハラ発言とやめる理由としては、ちょっぴり恥ずかしいものです。それにしても雑誌のスクープってすごいなぁ。情報収集能力が半端ないです。この人たちが警察業をすれば、犯人なんてすぐ捕まっちゃうんじゃないでしょうか。

 まあ、この人たちが辞めても、また新たな人がその座に就くだけです。同じようなことが繰り返されないことをただ願うだけです。それにしても、こういう話題で盛り上がる政治の世界って安っぽいよなぁ。

| | コメント (0)

2018年3月10日 (土)

せつない

 財務省が書き換えを認めるようです。誰が書き換えたのか、何のために書き換えたのか、これから分かるのかもしれませんが、いったい何をしているのだろう。大人が、しかもそれなりの立場の人がこれでいいのだろうか。子どもにどう説明したらいいのだろう。

 すっごくせつないです。

| | コメント (0)

2018年3月 8日 (木)

コピー

 財務省が森友学園の決裁文書のコピーを提出しました。しかし、書き換え前と後の2種類の文書が存在するか否かを明言しませんでした。まあ、想定通りのシナリオです。

 国会って、他に話し合わなきゃいけないことってないのでしょうか。暇なんでしょうか。僕は毎日やることがたんまりありすぎて、全然追いつけていない状況なのですが。

 日本って、平和ですね。

| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

選挙終了

 選挙が終わりました。予定通りというか、自民党の圧勝です。野党の足の引っ張り合いで、自民党が勝っちゃったという感じでしょうか。何だかなぁ。

 選挙の前って、もしかして何かが変わるのではっていう期待感があるのですが、今回の選挙ではあんまりそんな感情もわかず。で、選挙後も同じです。

 現状維持というか、閉塞感がそのまま続くというか、あらららら。

| | コメント (0)

2017年10月 2日 (月)

政治

 政治の話題が尽きない今日この頃。また新たな政党が誕生するようです。何というか、悲しいほど必死です。まあ、ある意味、就職活動ですからね。

 選挙まであと3週間です。これで日本がちょっとでもいい方向に変われば良いですけどね。でも、現状維持が精一杯なのかな。批判的なモノの見方はいけないんだろうけど、期待するのも辛くなるから。

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

解散総選挙?

 どうも衆議院を解散するような雰囲気がテレビのニュースから流れています。選挙に勝つなら今だと言った理由で。これって本気なのでしょうか。こんな北朝鮮情勢が危ない中、「私に清き一票を!」なぁんて有権者に響くのかなぁ。まあ、政治家さんにとっては延命は死活問題なのでしょうが。

 これで森友問題や加計学園問題も、うやむやのまま突き進むのでしょうか。何だか、政治ってすげぇなぁ。ジャイアン以上の強引さがある。恐ろしい。

| | コメント (0)

2017年7月24日 (月)

閉会中審査

 閉会中審査なるものを国会でやっていました。閉会中審査をやったからといって、事実がハッキリするわけでもなく、今まで通り双方の言い分が食い違いというままで終了といった感じです。まあ、こんなときにいきなり「いいじゃないか、加計さんとは友だちなんだから!」って、総理が言うわけもなく、新たなことがでるでもなく。結局うやむやなまま終わるのかなぁ。

 それにしても獣医学部を目指している人は、不安だろうな。本気で将来を考えている高校生をもてあそぶようなことをしてはいけません。

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

今村さん

 失言続きの今村雅弘さんが、復興大臣を辞任する意向を固めたようです。まあ、当然の結果っちゃその通りなのでしょうが、この人には、復興大臣という肩書きの重みがあまり感じられなかったんでしょうね。でも、そういう人が大臣になれるんだから、日本という国は、困ったモノです。

 多分、ものすごく一生懸命働いておられる政治家さんはたくさんいるのでしょう。でも、こうした人がいると「政治家ってどうなの?」って思われてしまいます。教員の世界も同じで、たいていの先生は一生懸命働いているのですが、誰か1人が事件を起こすと「先生ってどうなの?」って、教員全てが色眼鏡で見られてしまうのです。悲しいのですが、それが現実です。

 だからこそ、僕たちのような公務員は襟を正さないといけないのです。公務員は全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではないのだから。

| | コメント (0)

2016年11月 9日 (水)

まさか

 今日の朝の時点では、接戦とは言われているけれどもクリントンさんが当選すると思っていました。僕に限らず、結構多くの方がそう思っていたのではないでしょうか。

 暴言を繰り返すトランプさん。でも支持されています。これはアメリカのとにかく「今」を変えてほしいとの願いの表れなのかもしれません。クリントンさんならオバマさんとさほど変わらないでしょうから。

 それにしてもトランプさんが今までに発言したとおりに実行されるならば、世の中は激変するような気がします。それが良いか悪いかは結果論になるかもしれませんが。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧